参加メンバー


一葉式(いちようしき)の生け花講師としてご活躍される 桃葉(ももは)さんに、生け花の魅力、一葉式とは、講師になられたきっかけ、いけばなインターナショナルなどについてお話を伺いました。

 

・生け花講師としてご活躍されていますが、もともと生け花を始められたきっかけは?

 

私の生け花人生に欠かせない人は祖母です。祖母は先々代の家元(2代目家元)に習っていたのですが、今日に至るまで70年以上にわたり生け花に携わっています。私が生まれた頃にはすでに一葉式の一級教授として花を教えていたので、わたしは生まれた時から生け花に触れている環境でした。とはいえ子どものときは生け花に見向きもしなかったんです。大人になってから周囲に「せっかくだから、習いに行ったら?」と声を掛けられたのがきっかけで始めました。

 

始めは基本ばかりで楽しみを感じなかったのですが、頭の中にあるイメージを形にしていけるようになったら面白さが出てきました。左右非対称なのにバランスがあるという生け方のコンセプトの深さに魅かれました。

 

花を見てこの花を生けたいと思ったときに、どの器にいけようか、どういう風にいけようか、と色々な楽しみが膨らみます。器を見てこの器に生けたいと思ったら次はこの器にあう花は?生け方は?などと考えていくのが面白くて……。

それを形にできたときの達成感が心地良いです。

 

そんな風に一葉式を深めていくうちに、一人で生み出す楽しみを他の人にも「広めたい」気持ちが芽生えてきて、生け花講師になりました。

 

・生け花には流派がたくさんあるんですよね?桃葉さんが継承されている「一葉式」のことを教えてください。

 

一葉式の特徴を一言でいうと、基本の形(基礎)を大事にした上で自由な生け方が多いことでしょうか。立花や生花といった決まりごとや型にとらわれない「自由花」と呼ばれる生け方です。もちろん古典的なことも大切にしていますがそこから進化させた芸術的な生け方が多いです。

 

流派には「派」がついていますが、一葉「式」は自分「式」に花を活けられるようにとあえて流派と定義していないんです。それには基本となるベースを習得した上で自分式の花を生けられるように習得していって下さい、基本の上にこそ広げていける花との世界を楽しまれて下さい、という一葉式の基本コンセプトがあります。

 

例えば生け花では剣山を使うのが一般的ですが、一葉式では剣山を使わない生け方も多くされています。剣山を使わない生け花を本格的にやりだしたのは一葉式です。

 

剣山を使っていないのでどこでどう花が止まっているのかわからない、ワイヤーで止めている訳ではないのにきちんと止まって、しかも花や葉が1番カッコイイ形でポーズを取ってくれている。これが出来るのは一葉式だけです。


Nishimura Yoshimi (にしむら よしみ)

出身地:山形県

 

ヒトコト自己紹介

ITベンチャーにつとめる会社のお母さん

 

プロフィール

渋谷のITベンチャーの駆け出し営業。

前職の広告制作会社から現職まで総務一筋10年以上。

会社の用務員さん、何でも屋さん、お母さんとして働いてきました。

突然の異動辞令で予期せぬキャリアチェンジですが、そういう人生もありますね。

趣味は仕事と食べ歩き。

山形の山奥の小さな村で生まれ育ちました。

LGBTQの当事者で、現在はストレートの男性と結婚しています。

 

わたしがお話しできそうなことなら、なんでもお話しします。

▼たとえば話せそうなこと

・総務

・キャリア

・新米セールス

・休職と復職の体験

・メンタルヘルス

・ブランディング

・EC

・LGBTQ

・人口100人の村から上京

 

 Face Book https://www.facebook.com/profile.php

 


Wim. Sakura(ウィマラス-リヤ サクラ) 経産省・始動6期生

 

看護師/認定心理士/Ayurveda アドバイザー/予防医療/東洋医学/

Sri Lanka🇱🇰/Mindfulness/spice/6curry

 

今回コロナで浮き彫りになったけど、実際はコロナ前からある問題です。

名大の研究で急性期の半分の看護師は抑うつ傾向で働いて、それによって起こるミスをなんとかマンパワーで抑えているのだという調査結果もありましたが、疲弊しきって離れていく人々がさらに増えたことで、浮き彫りになっているのです。

コロナ前、アメリカで医療者のメンタルに対するサポートの必要性がかなり認知され、盛んになってきたものの、コロナの打撃には追いついていない現状です。

 

その一方、ただでさえ責任感が強く、真面目な国民性を傾向に持つ日本ではさらに深刻なのでは...と思います。

そもそも、こころの問題に対して謎の"気合論"(私も以前はそうでした)や漠然とした他人に相談する抵抗があり、自分の心に蓋をして頑張りすぎてしまう方々が多い日本。

 

どうにかして、こころのケアや"自分らしさ"を取り戻す、"整う"習慣を広めていきたのです。

 

私ひとりでは無力ですが、きっと沢山の人々の思いや知識、そして世の中にあるテクノロジーや技術が集まれば、少しでも太刀打ちできるのではと信じています。

まずはいかに発信をしてムーブメントを起こしていくのか...

試行錯誤、とりあえず行動するのみ。

 

そしてこうやって思いを言語化するのって本当に難しいと実感する日々です。

 

FB  https://www.facebook.com/sakura.veda


中山 翠

 

防災・減災活動:2019世界防災フォーラム 登壇(World BOSAI Forum IDRC 2019 in SENDAI)

よんなな会 in 渋谷ヒカリエにおけるよんなな防災会の活動紹介

YoutubeチャンネルRESCUE HOUSE

 

学生の時、ライフセービングに携わっていた経験から「人の命を助けることを仕事にしたい!」と思い、消防士になりました。

何かあったときに頼りにされる消防ですが、私たちは要請がないと助けに行くことができません。

数多くの災害現場を経験していく中で、助からなかった命をたくさん見てきました。

本当は助かるはずだった命なのに、消防士でも届かない命があることにとても悔しさを感じました。

「どうしたら助かったのか?」を考えたときに、「何をすれば良いのかわからない、自分の災害リスクを知らない」という防災意識の低さの課題を感じたことがきっかけです。

 

大災害が発生した時、119はパンクし、消防は全ての人を救助しにいくことができません。

消防団や地域の病院、建設会社など、災害時に必要な人材や活用できる資機材を持っているところと、顔の見える関係性を事前に構築し、公助に頼らず自分たちの命は自分たちで守っていかなければならない。助け合うことが当たり前という世の中が課題解決になると思います。

 

様々な角度から防災について考えや想いがあり、携わり方も十人十色。自分に無い視点からの意見からたくさん気づかされることがあります。

この取り組みをきっかけにジャンルを超えたつながりができたら良いと思います。

 

 

FB  https://www.facebook.com/midori.nakayama89

 


 YUKARI(ゆかり)

 

兵庫県出身 東京都在住
プレステージライン(ラグジュアリー)の化粧品会社に勤める。美容業界7年目。
全国の主要都市にてテレビで活躍するメイクアップアーティストと共に、

スキンケアやメイクを大人の女性に実践、アドバイスする。

メイク、エステ、お肌のカウンセリング、延べ10000人以上。

その傍ら『悩みをひっくり返して希望で前進できる』フラクタル心理学の講師として活動中。

自身の波瀾万丈の人生を、フラクタル心理学に出会い、激変させる。


今ではやりたい仕事を実現し、恋愛では見捨てられ不安を解消。
現在では「輝いている」「あなたみたいになりたい」「私も勇気がもてます」と言われる様になる。


フラクタル心理学を学びだし8年目の現在では、家族との問題を抱える方、職場や恋愛での人間関係がうまくいかない方、

人生はコントロールできないと思ってい る方などへ、『絶対に変われる。なりたい方向に世界を変えて幸せになれる』という想いのもと、

カウンセリングを行っている。


ご相談者の『思考と現象のフラクタル構造』を解説しながら、インナーチャイルドを癒し、望む未来のために深層意識の認識のずれを修正していく。

30、40代の相談者に1回で人生にポジティブな変化をもたらし、「出会えて良かった」などのお声を頂いている。

《取得資格》
・パーソナルカラー検定1級
・色彩検定1級
・フラクタル心理学講師

 

ブログ http://ameblo.jp/glorious-fox-music/